Shirokane Louge@白金台

目黒・白金

早朝カフェでパンケーキを

朝は苦手なのだが今日は頑張って早起きをした。近所のカフェで朝食にパンケーキを食べるためだ。

そんなにがんばらなくてもパンケーキくらい食べられるんじゃない?と思うかもしれない。

しかしそうはいかない。

おめあてのカフェは朝7:00~10:00まで、早朝の3時間しかオープンしていないのだ。そんなわけでご近所とはいえ遠い存在だった「Shirokane Louge」に8:00にどうにか到着。

 

こちらは以前はカフェを併設した、お洋服とかわいい生活雑貨のお店だったが、早朝カフェのみの営業になってからは初めて訪れる。

インテリアがとても好みに合うから、いるだけで落ち着くなぁ。

「おはよう」と挨拶しながら入ってくるお客さんがちらほら。。

 

モーニングセットを注文

今日はパンケーキと飲み物の「モーニングセット」で朝食にしよう。紅茶は「マリアージュフレール」。3種類ある中から甘い香りの「マルコポーロ」を選ぶ。

ちなみにコーヒーは人気の「猿田彦珈琲」のもので、Shirokane Lougeオリジナルのブレンドなのだそう。一口味わってみたがこちらもなかなか美味しかった。

パンケーキ。。近年パンケーキブームで、あちこちにお店ができて行列になっていることも多いようだが、私自身は実は外でパンケーキを食べることはほとんどない。

なので、比較ができないのだがこちらのパンケーキ、とっても美味しかった。

 

カトラリーは無しで、トレイの上でドーナッツやハンバーガーを包むペーパーバッグから顔を覗かせている。

メープルシロップもたっぷり添えられている。他にはジャムやはちみつを選ぶこともできるけれど、パンケーキを焼いてくれたスタッフの女性は、やっぱりメープルシロップが一番美味しい。と言ってらした。

適当に手でちぎってくださいね。とのこと。ふんわりしゅわしゅわして、そうっとちぎらないと潰れてしまいそう。シロップがよく染み込んでいく。

 

軽い軽~いパンケーキだった。

マリアージュフレールのマルコポーロは久しぶり。エキゾチックな香りが「Paris!」という感じ。。パリがエキゾチック。というのも少し変な気もするがそんな感じなのだ。

この羽根のように軽いパンケーキのレシピは、店長さんが考案したShirokane Lougeオリジナルなのだが、台北にある「ジャムリング・カフェ」のレシピを参考にアレンジしたのだそう。

 

ミルクは使わず豆乳で生地を作っているのだという。

私はパンケーキにも台北にもあんまり詳しくないのだが、「ジャムリング・カフェ」はパンケーキが自慢の人気のお店らしい。

パンケーキブームは他のアジアの国にも広がっているとみえる。。。

他にはスープやフルーツジュースなども用意されていて、お客さんはそれぞれの朝食を楽しんでいる風だった。

そうそう。大きな柑橘にストローを差したものを抱えているお客さんがいた。フルーツジュースはジュースを絞ったフルーツをグラスに見立てて供されるらしい。ユーモアがあって楽しいプレゼンテーションだ。

土日はパンケーキをお出しするのに少しお待たせしてしまうかもしれません。とのこと。きっと週末はもっと賑わっているのでしょうね。

 

気候がよくなったら大きなガラス戸を開け放ってお客さんを迎えるのだそう。温かい季節になるのが楽しみだ。

早朝のテラスで今度はフルーツジュースを楽しんでみようっと。

 

朝食を終えて銀杏並木を少し歩く。

やっぱり朝はいいですね。空気もおろしたてのように新鮮で気持ちがいい。

この辺りは庭園美術館、自然教育園、八芳園などたっぷりの緑を抱えた場所がたくさんあるから夜のうちに空気がきれいになってしまうのだろう。

気持ちのいい空間での軽やかな朝ごはん。早朝の限られた時間だから味わえるちいさな楽しみを見つけました!

 

「Shirokane Louge」

Shirokane Lounge
Shirokane Lounge、東京都 港区 - 「いいね!」601件 - 朝3時間だけの白金台のカフェ。

コメント