Rose Bakery@銀座

銀座・新橋

何か甘いものがたべたいな。それもなるべく素朴でシンプルな感じのものが。。

そういう時に真っ先に思い浮かぶのが「キャロットケーキ」だ。

お砂糖やバターも使っているので、マクロビというわけでもヴィーガニックというわけでもない。

でも、なんとなく自然で素朴なお菓子というとキャロットケーキを思い出す。

ナチュラルで少し野暮ったい感じのイギリス風のティールーム。またはオーガニックカフェ。

キャロットケーキが出てくるのはそんなところかな。

でも今日はそういったイメージとは正反対の、洗練された雰囲気のお店でキャロットケーキをいただくことにしましょう。

 

定番イギリス風のティールーム

「Rose Bakery」はパリからやってきたイギリス風のティールーム。

ややこしいですけど、イギリス人女性がパリで開いたお店。ティールームといっても昔ながらのイギリス風では全然なくて、クリーンでストイックな空間が清々しい。

おしゃれなカフェとして、すっかり東京でも定番になっていますね。

都内に幾つかの店舗がある中で今日私が訪れたのは銀座店。

 

シンプルでナチュラルなサラダやスープなどのメニューも充実しているけれど、圧巻は何といってもショーケースの中の甘いものたち。

 

ヴィクトリアンケーキやスコーン、レモンパイや、パウンドケーキ、などなど。わりと地味なイギリスらしいお菓子がここではキラキラしていてこちらに視線を投げかけてくるようだが、今日は迷わずキャロットケーキを選ぶ。

 

運ばれてきたキャロットケーキにナイフを入れると、食べる前からしっとりしているのがよくわかる。

 

にんじんの青臭い感じはしなくて、シナモンの温かみのある香りとくるみの香ばしさが際立っている。

アイシングの甘酸っぱさとのコンビネーションがよくて、どんどん食べ進んでしまう。大きいなあ、食べきれるかな。と思いつつオーダーしたけれど、その心配は全くなし。。

 

白いコックコート姿が凛々しい女性スタッフがキャロットケーキの説明をしてくれる。

上にかかったアイシングはバターとクリームチーズでできているけれど、ケーキの部分には動物性のものは使っていないそうだ。バターではなくひまわり油を使っている。

あとは粉とお砂糖とシナモン、くるみ。そして肝心のキャロット。なんと生地の3分の1はすり下ろしたにんじんなのだそうだ。

小麦粉もあまり食べ過ぎるとよくないけれど、思ったより分量は少ないようだ。

レシピは伝統的なものを現代的にアレンジしてあるとのことで、食感は見た目より軽い。

キャロットケーキにありがちなパサつきや逆にベタッとした感じがなくて、ほどよくしっとりしている。。

 

甘いものの食べ過ぎには気をつけたいけれど、特にダイエット中などあまり我慢するとストレスが溜まり過ぎてしまう。

そんな時にたまに甘いものを食べるならこんなキャロットケーキはよいかもしれない。

衝動的にジャンクなものを食べるより、よい材料できちんと作られたお菓子を食べた方が体への害も少なく、精神的にも満たされると思う。

そして、このキャロットケーキにもお砂糖やバターは入っているけれど、何といっても小麦粉の分量が少ないのがよい。

小麦粉はカロリーが高いだけでなく、小麦粉を練った時にできるグルテンというたんぱく質には中毒性があるという。

スナック菓子や菓子パンなど、小麦粉を使ったものを口に入れると止まらなくなってしまうという方は多いはず。

 

店内はBGMもなく、私が訪れたのは午後の遅い時間だったせいか、お客様もさほど多くなくて静かな空気が流れていた。たまにキッチンの方からカチャカチャとお料理をしている音が聞こえるのが心地よい。

お水は常温で、大きなグラスで出してくれる。

そんな店内の雰囲気に浸っていると自然と、じっくりとキャロットケーキを見つめつつ味わうことになる。

なにやらストイックな感じだけど、キャロットケーキは本当に美味しかったし、すっかりくつろいで満たされた気分になった。

 

お茶のあとは少しお散歩もしたいですね。

表通りはハイブランドのお店が軒を連ねているけれど、銀座は裏通りを歩くのが楽しい。

季節ごとのデコレーションや何度も通っているのにそれまで気づかなかったお店など、その度に新しい発見がある。

 

お店の情報

 

「Rose Bakery ローズベーカリー」

Rose Bakery | ローズベーカリー
Rose bakery. official website. / 2002年 フランス・パリ9区にイギリス人のローズ・カッラリーニと、ジャン=シャルル夫妻がオープンした「ローズベーカリー」 素材の持ち味を引き出すシンプルでナチュラルな商品をお届けしています。

 

コメント