NODE uehara @ 代々木上原

代々木上原・富ヶ谷

日曜日のブランチタイム。代々木上原駅のすぐそばにある「NODE uehara」に行ってみた。

大きなガラス窓から素敵なインテリアが見えるので、以前から前を通るたびに気になっていたお店だ。

 

重いガラス扉を押して中に入ると店内はほぼ満席。活気があるなぁ。

 

定番メニューは?

メニューを眺めると、だいたいスープと飲み物がセットになっていて、ひと皿でお腹がいっぱいになるような感じのお料理ばかりと見受けられる。。

2週間に一度変わるメニューと、定番のメニュー。合わせると結構豊富なラインナップだ。

サンドイッチが数種類、カレーやスープ。サラダは特に種類が多くて、忙しくて野菜料理を作るのが大変な時などの助っ人メニューとしてよさそうだ。

私は今日はブランチにしようと思っていたので、朝ごはんを食べていなくてお腹がぺこぺこ。

 

なので、お店の方がボリュームたっぷりだという「プルドポークとケールの温かいサラダ」を選ぶ。

 

ボリューミィなサラダ

こちらが「プルドポークとケールの温かいサラダ」。

お肉がたっぷりですよ。という通り豚肉が山盛りだ。

「プルドポーク」は豚のスネ肉など脂の少なめの部位をじっくり煮込み、ご覧のように繊維に沿って裂いてほぐしたもの。

スパイシーなバーベキューソースで和えて味付けをした、アメリカンなお惣菜のような肉料理だ。

お肉もたっぷりだが、その下に盛り付けられた野菜もまたたっぷり。

ケールを中心に、レタス、プチトマト、パプリカ、トレビス、茹でたインゲンのサラダだ。

ケールはキャベツの原種で、野性味溢れる野菜だ。青汁の原料として知られている。栄養価がとても高く特にビタミンCをはじめとするビタミン類、ミネラルそして食物繊維が豊富なのだそう。

さてナイフとフォークを握って、サラダにとりかかるのだが一向にサラダは減っていかない。

そうこのケールは力強く育っていて、食べやすい口当たりとは言えないのだ。他のお野菜もケールに圧倒されている!

「温かいサラダ」とあったので、プルドポークと和えて食べるとしんなりして美味しいかな。と勝手に想像していたのだが、ポークも常温で温かいわけではなく脂分も少ないので、サラダとポークは一体化してくれなくて、少し喉を通りにくい。

ケールが青汁の原料以外になかなか広まらないのもこの食感が理由のひとつでしょうね。

このサラダの場合、ケールを軽く蒸煮するとか、あらかじめドレッシングしておくとかひと工夫したらいいかも。。

量も私にはちょっと多かったので、残念ながらフィニッシュできず。。

見回すと女性のお客さんは食べ残している方も多々見受けられたので「盛り」がよいことは確かです!

 

小田急電鉄の経営するお店でした

こちらのお店。壁のブラックボードを見ると「TRAIN TO TABLE」と書いてある。珍しいので読んで見ると、お店のある小田急線沿線の食材や食品を積極的に取り入れているらしい。地産地消のひとつのあり方といったところかな。

例えば、小田原「青山園」の柑橘類、湘南台の「みやじポーク」と「にこにこファーム」のお野菜。

東京からも代々木八幡の「Shibuya cheese stand」のフレッシュなチーズ。などなど。。

実際に小田急線に乗って納品されているわけではないと思うけど、コンセプトとして面白いですね。

と、お店の方に伺うと小田急電鉄の経営するお店なんだそう。なるほど。。

2週間ごとに「おすすめのTRAIN TO TABLE商品」が紹介されて、食材としてメニューに加わり、購入することもできる。

 

お店の入り口の大きな棚には小田急線沿線のおすすめ食材がたくさん並んでいた。

お店は朝10時~夜11時までずっと開いているので、好きな時間に野菜たっぷりの食事ができる。

ゆったりとして明るいスペースなので、私はお茶の時間に来てみたいな。と思った。

紅茶はオーガニックの茶葉を使っているようだし、コーヒーも小田原の「スズアコーヒー」の豆を使っているとのこと。

「スズアコーヒー」。私は知らなかったけれど人気のコーヒー店らしい。

次回はコーヒーに自家製のスイーツでも試してみようっと。。

 

お店の情報

「NODE uehara @ 代々木上原」

NODE UEHARA | 代々木上原 ノード
代々木上原駅前 NODE UEHARA(ノード ウエハラ)オフィシャルサイト。NODE UEHARAは、グリルダイニング、カフェ、バー、デリ、居住スペース、オフィスス ペースなどが入った複合施設。代々木上原でランチ、ディナーなどのグルメや、 ショッピングから、文化、季節、流行などを楽しめる、新しい暮らしの交差点です。

 

コメント