麹町カフェ

飯田橋・市ヶ谷

ずっと前から気になっていた「麹町カフェ」。やっとお昼を食べに来ることができた。

トントンと階段を上がって扉を開けると、もう1時半を過ぎているのにすごい活気!

あまりの賑やかさに少したじろいでいると、縦横無尽に歩き回ってフロア全体を取り仕切っている店長さんらしき方が、すばやく窓際の席に案内してくれる。

スープランチ

お店のホームページでは毎朝その日のメニューが更新される。今日のスープランチが、イタリアトスカーナ地方のスープ「白いんげんのリボリータ」とのことだったので、それを楽しみにやってきたのだが残念なことに今日は売り切れなんですって。

代わりに金時豆のチリスープを出してくれるという。

ふ~む。。それではチリスープをいただいてみましょう。

 

木漏れ日を浴びながらご飯を食べるのは気分がいいもの。さっそく運ばれてきたサラダをぱくつく。ランチメニューでは添え物的なサラダがほんのちょっぴり出てくることが多いが、このグリーンサラダはとても新鮮で食べ応えもあり、ドレッシングもおいしかった。

 

 

そして。お待ちかねのスープの登場!

すごい~!とても大きな土鍋からほこほこの湯気があがっている。

このプレゼンテーションはいいですね!お料理が生き生きして見える。

さっそくいただきます。

 

深めの土鍋なので、覗き込むようにして取りかかる、

予想通りにチリスープは火傷必至の熱々。上にかかったサワークリームがいいにおい。

ゆっくり食べてもちっとも冷めない。土鍋料理は保温性が高いのもいい。

ちなみにこのチリスープはサワークリーム以外は動物性食品を使っていないそうだ。

パンもおいしい。伺うと姉妹店のパン屋さんで焼き上げたものだそうで、お皿にはライ麦粉のブレンドされたパンと、バゲットのスライスが載っていたが、他にも種類があるのでお代わりしてくださいね。とのこと。

チリスープはとてもおいしかったのだがかなりの量で、私はフィニッシュすることができなかった。

パンも他の種類も試してみたかったけど、次回に回すことにしよう。

ランチメニューは他に「お肉のランチ」「お魚のランチ」「本日のワンプレートランチ」限定10皿の「サラダランチ」など種類が豊富。

今日のワンプレートランチのサンドイッチはラップサンドで「ぜにふ」(丸い形のお麩)を粉状にした自家製の生地を使っているのだそう。

キョロキョロと周りのお客さんの注文したものを見たが、どのお皿もなかなか美味しそう。

お野菜もたっぷりと載っている。

カフェというと、まずはそれらしい居心地のいい空間のほうが優先順位が高くて、ご飯を食べると何だか可もなく不可もなく。。というお店が多いように思う。

 

麹町カフェにもコージーな感じのソファー席はある。でも、店内に「まずごはんありき。」という空気が満ち満ちていて、そこがいい感じだ。

 

インテリアのテイストからして、たぶん夜ご飯の時間にはなお素敵な雰囲気になりそうだ。

実は夜のメニューの中にも気になるものがあるので、今度試してみるつもり。

食後のコーヒーもこちらでいただくことにした。

 

 

午後遅くなると読書をしたり、おしゃべりをしながら甘いものを食べたりするお客さんで引き続き店内はいっぱい。

私はちょっと風邪気味だったのだがコホっと小さく咳をしたら、先ほどの店長さんらしき方が素早く膝掛けを持ってきてくれた。

とても居心地がいいので結構長居をした。

 

お店の情報

このお店を運営する会社は、先ほどのパン屋さんの他にも豆料理専門店、浅草にはダイナーも持っているらしい。

他のお店でも美味しいものが食べられそうだ。順に訪れてみようと思う。

麹町カフェ

http://www.kojimachi-cafe.com

コメント