コスメキッチン アダプテーション@ アトレ恵比寿 エスニック編

恵比寿・代官山・中目黒

ステーションビル「アトレ恵比寿」の中にある「コスメキッチン アダプテーション(Cosme Kitchen Adaptation ) 」。

いままでに何度かお店の前を通りかかったが、席が空くのを待っているお客さんがいつでもたくさんいる。とても人気のあるお店らしい。

 

しかし今日はタイミングがよかったのか、さほどでもなくて5分ばかり待っているとすぐに席に通してくれたので、こちらでお昼をいただくことにしましょう。

「コスメキッチン アダプテーション」はナチュラルコスメティックのセレクトショップ「Cosme Kitchen」がプロデュースするカフェレストラン。

ここ数年、コスメティックブランドによる飲食店がどんどん増えている。

メイクアップやスキンケアだけでなく、内側からも美しくなりましょう。という健康志向の高いお店が多い。

「コスメキッチン アダプテーション」もそんなトレンドに乗ったお店のひとつと見える。「おいしく食べて、身も心も美しくなる」というコンセプトのもと、様々なアプローチの体にいいメニューを考案している。

 


メニューには、マクロビオティック、グルテンフリー、ローフードなどの文字が踊っている。

 

大きなオリーブの木の下に

さて、席に着くと目の前の大きなサラダバーに目を奪われる。

とても立派なオリーブの樹の下に、色鮮やかな生野菜。数種類のデリ、2種類の温かいスープなどがずらりと並んでいる。野菜の色を生かしたとても美しいドレッシングも6種類!

 

鮮やかなオーガニックサラダ

もちろん野菜はすべてオーガニック栽培されたもの。

さすがコスメティックのお店だけあって、とても素敵なプレゼンテーション!!

インテリアも抑えめのグレイッシュなカラーで統一してあるから、野菜の色の美しさが映える。

「コスメキッチン アダプテーション」の人気メニューはこちらの「サラダ・デリバー」。

お客さんたちは何度も何度もお皿を持って、サラダバーにやってくる。

しかしあまのじゃくの私はなんだか急にアジアっぽいお料理が食べたくなって、メニューから「フレッシュハーブのVEGANパッタイ」を選んだ。

フルーツやハーブの入ったおいしいお水を飲みながらしばし待つ。。

 

 

そして運ばれてきたパッタイ。。

思わず息を飲む。

とてもきれいなのだけど、なんとも控えめな盛り付け!

 

私はあまりたくさん食べるほうではないけれど、それでも第一印象は「あれ?」という感じ。でもまあいただいてみましょう。

麺は細めのライスヌードル。ココナツや青唐辛子の味付けにスパイスが香る。そんなに辛くない。色もヒスイ色でうつくしい。

とてもおいしい。

山盛りのパクチーの下には野菜もいろいろ。それも普通パッタイに入っているような赤や青の唐辛子の他にも、スナップえんどう、カリフラワー、ブロッコリー、ソテーした豆腐、チンゲンサイ

、シシトウなどなど、グリーンのグラデーションがきれい!

それからそれぞれの野菜の火の通し加減がちょうどいい具合だった。こういうところ、丁寧に調理してあると、総合的な満足度が上がりますよね。

散らしてあるナッツもピーナッツではなく、ノワゼット。ちょっと洗練された印象になる。

結果的にはあまりに山盛りのパクチーと私には辛すぎの唐辛子を除いておいしくいただきました。お味が濃厚だから結構お腹がいっぱいになるのだ。

普通のタイ料理屋さんのお料理を思い浮かべていたから、最初は「?」だったけど、このパッタイはたぶん、細めのタリオリーニに濃厚なジェノヴェーゼソースを和えたようなイメージのレシピなんだとおもう。

でも、大食漢の方だとちょっと物足りないかな?追加で例の「サラダ・デリバー」を組み合わせることもできるけど、そうするとちょっと贅沢な価格帯のランチになります。。

他にもバーガーやお丼物、スムージーやコールドプレスのフレッシュジュース、ローカカオやフルーツいっぱいのスイーツなど、メニューはバラエティ豊か。

オーガニックのワインリストも充実しているようだった。

一日中同じメニューなので、好きな時間にお腹の加減に合わせて食事が楽しめる。

ひっきりなしにおもに女性のお客さんがやってくる「お野菜とおしゃべりの楽園」みたいなお店でした!

 

スイーツ編もどうぞ!

コスメキッチン アダプテーション@ アトレ恵比寿 スイーツ編
元気がないときの食事 じめじめしたお天気が続いて、体も重~く感じられる季節。 なんだか元気がないなぁ。。なにか素敵なものでも食べて気分転換を図りたい。 そんな時はやっぱり甘いものがいいかな。 今日は、甘くてひんやりしたス...

 

お店の情報

「コスメキッチン アダプテーション 」

http://ck-adaptation.com

 

コメント