u-ma kagurazaka@神楽坂

飯田橋・市ヶ谷

週末はお野菜たっぷりのタイ料理を

車は通行止めになっているから、地元の人やそぞろ歩きの観光客で車道まで埋まっている。この界隈はフランス関連の施設なども多いので、外国人というと以前はフランス人を見かけることが多かったけれど、近年はアジアからの観光客が増えている。

 

神楽坂は昔は料亭がたくさんあったような土地柄。「和」の雰囲気を楽しむこともできるし、なにより食べ物屋さんがい~っぱい。和菓子屋さんにケーキ屋さん、フランス関連?でビストロにフロマジュリー、クレープリー。ピッツェリアやイタリアの食材屋さん、おいしいドイツパン屋さん。それから各種居酒屋さんなどなど。

私も気になるお店がいろいろあって、右へ左へと蛇行しながら坂を登ってゆくのだが、今日の目的地は定まっている。

 

神楽坂坂上からさらに早稲田方面へ。通り沿いの「u-ma kagurazaka」にお昼ご飯を食べにゆくのだ。

「u-ma kagurazaka」はヴェジタリアンメニューの「ベジごはん」がいただけるカフェで、ライブハウスでもある。

毎週末のランチがヴェジタリアンメニューのタイ料理「タイベジ」だというのでやって来た。

しかも今日のタイベジランチは特別だ。普段の週末はタイカレーなど、おなじみのメニューが多いのだが、今日は敢えてカレーは無しで、しかも辛くないお料理のラインナップなのだ。

タイ料理は好きだけど、辛いものが苦手な私にはありがたい。

 

店内の様子

店内は天窓から差し込む光が気持ちがいい。

メニューは決まっているから座って待つだけ。お任せもいいものですね。

スープ、ご飯もの、ワンプレートに盛られたおかずという構成。

 

まずはスープから

まずはスープから。柔らかく戻した干しシイタケでお出汁をとったスープだ。白キクラゲが入ってる。白キクラゲはお肌に潤いを与えてくれる、乾燥する季節にぴったりの食材。嬉しいですね!

キクラゲもしいたけも丸ごと入っていてとてもビジュアルはとてもダイナミック。酸味がさわやかだ。

 

おかずは3種類も。

まず厚揚げとナスの炒めもの。ハスのサクサクした食感がアクセント。すこし甘めの味付けでおいしい。

春雨の炒め物は「ラープウンセン」。こちらにも白キクラゲが。炒めたお米も入っている。このおかずが唯一辛味のきいた味だった。

それから私が一番美味しいと思ったのはクスクスのサラダ。「ミヤンタクライ」という。青パパイヤが入ってる。そこにココナッツのフレーク、フレッシュのレモングラスの根の薄切りが入っているので複雑に香り高くて、甘酸っぱい味付けと相まってとてもおいしい。すっかり気に入ってしまった。

 

ご飯もの

それからご飯ものは、黒オリーブのチャーハン!これも特筆すべきおいしさ。

ジャスミンライスにもち米、それだけでも香りがよいところへココナッツの甘みと黒オリーブがコクを加えていて、チャーハンというにはあっさりした塩の味付けだがとても味わい深い。

 

全体に繊細な味と香りのお料理で、食べていてハッとする驚きが多かった。味付け、香り、食感。。様々な要素が織りなす新鮮な驚きを味わうのは、ご飯を食べに出かけることの喜びの中でも最大のものですね~。

 

「u-ma kagurazaka」はご夫婦が仲良く運営するお店。マダムは気さくな方で、お話を伺うとライブハウスとしての活動もとても活発なようだった。

ジャズ、民族音楽、クラシックと色々なライブが聴けるそう。もちろん夜も「ベジごはん」がいただける。

今度はライブがあるとき来てみよう。

ちなみに今日のランチは通常とはお値段も違い予約制なので、スケジュールはお店に問い合わせてみて!

「u-ma kagurazaka」

https://www.u-makagurazaka.com

コメント