margo マーゴ @ 祐天寺

恵比寿・代官山・中目黒

ずっと前から行って見たかったお店。祐天寺の「margo(マーゴ)」。以前目黒に住んでいた頃、通りかかるたび気になっていたのだが、いままで機会がなかった。

今日はお腹をすかせてお昼を食べにやってきた。HPによるとmargoでランチが食べられるのは金、土、日の3日間のみ。

祐天寺の商店街が途切れたあたり、お店のガラス戸が開いている。「どうぞ」と歓迎されているようで嬉しい。

 

落ち着いた店内へいくと

テーブルに飾られた大きなツツジの枝が素晴らしい~。まだお客さんがだれもいなかったので、お店の中の写真を撮らせていただく。

お昼のメニューは3種類で、パンケーキのプレート。ヴェジタリアンメニューのカレーは玄米と一緒に。それから自家製のパテ・ドゥ・カンパーニュとパン。

今日はパンケーキのプレートを試してみることにする。

 

なんだか教会の中にいるみたい


通りは真昼の日差し。仄暗いお店の中から眩しく外をながめる。店内に小さくかかっているBGMはオルガンの宗教曲。

使っている椅子は、背もたれに聖書を入れられる教会のものだし、店主さんとおぼしき男性は長~くて、後ろでひもを結ぶようになってる白衣のようなものをひらひらと着てらっしゃる。

ほのかな照明がとても感じがいいのだが、キャンドルっぽいし。。なんだか教会の中にいるみたい。

お客さんは私しかいないし、なんだか神妙な感じになってしまう。

。。。どうしよう~?ともじもじしていると、じゃ~っとフライパンで調理する音。そしていい匂いが。。よかった。ひと心地ついた。ほっとしますね。

 

音楽はLP

ちなみに音楽はLPを回していて、途中で店主さんがB面(!)にひっくり返していた。

さて。パンケーキができる頃にはふた組ほど常連さんもランチにやってきて、お店は少し賑やかになった。

 

パンケーキのお味は?

運ばれてきたパンケーキは3枚。たっぷりです!

そしてこのパンケーキ、なかなかオリジナルな味わい。すごくもっちり。というかもちゃ~っとしていて酸味がある。

発酵させているんですか?と店主さんに尋ねると天然酵母入りの生地をこねて、一晩発酵させているそう。

パン生地をオーブンでなくフライパンで焼いたパンケーキなんですね。

発酵の香りと酸味。食感も独特。個性的なパンケーキだ。

添えられたソーセージとサラダも美味しかった。

 

野菜はレタスにきゅうり、トマト、セロリとごく普通のものなのだが、どれも新鮮でよいものばかり。新じゃがのソテーもかりっ。ほくっ。っとおいしい。アップルヴィネガーかな?穏やかな酸味のドレッシングもいい。ごく普通のものが丁寧に料理されているのって何よりほっとできて、私はこういうひと皿大好きだ。

 

それから、カトラリーも素敵。フォークは木製。ナイフはフランスの「ティエール産」のもの。フォークは木製だけどデザインも使い心地もシャープだし、ナイフはご覧の通り、言わずもがな。。

 

自然派ワインが飲めるワイン食堂

実はこちらのお店は、カフェではなくてナチュラル・ワインと家庭料理が味わえるワイン食堂。ナチュラル・ワイン(フランス語ならヴァン・ナチュール)は最近よく見かけるようになった「自然派ワイン」。

なるべく自然な形で育てたぶどうを、やはり自然な形で醸造し、出来上がったワインは味の調整などはせず、酸化防止剤も入れないか、入れるとしても最小限にとどめる。

そんなからだに優しいワインを家庭料理とともにいただけるらしい。もう、是非とも夜にも訪れて見たい。

 

先ほどのパンケーキ生地をパンに焼き上げたものもあるみたいだし、自家製のパテ・ドゥ・カンパーニュもヴァン・ナチュールとともに食べてみたい。

10席くらいのとっても小さなお店だから夜は予約が必須だな。

そう思って、お店のカードありますか?と尋ねると「作ってないんです」とのこと。。

夜にいらっしゃる方はTwitterを見てお電話予約してくださいね。

 

「margo」

コメント