APPLE & GINGER @ 渋谷神山町(閉店)

渋谷

閉店のお知らせ

2018年2月に閉店。出張ケータリング、JUNNU千葉店、SPORTY COFFEE大阪店での取り扱いは継続されているそうです。

詳しくは公式HPへ

Apple&Ginger | FRESH JUICE STAND
Apple&Gingerは青森県と高知県の契約農家から直送されるりんごと生姜をつかった『FRESH JUICE STAND』です

奥渋

渋谷東急本店から井ノ頭通りにかけて、神山町や富ヶ谷のあたりを「奥渋」というそうだけど、この界隈を歩いていると、ぴったりなネーミングだな。と思う。

細い通り、またその裏のさらに細い通りにも、個性的な小さめのお店がポツポツと佇んでいる。

ぶらぶら歩いていると、あ。なんだか良さそうなお店!と、宝探しでいいものを見つけたような気分になることが多い。

素敵な店構えだと思って調べてみると、案の定すでにSNSでみんなが話題にしているお店だったりするけど。

でも、オーナーの顔が見えるようなお店が多くて、大きな企業の気配が薄めなところがなんとなくいい。

 

ジュースバー

今日は代々木公園駅から東急本店方面に向かってお散歩。途中のどが渇いたので、通り沿いで見つけたジュースバーに寄ることにした。

 

 

お店は2階にある。建物の脇の坂を上って裏手から中に入る。

 

りんごと生姜のお店

とても小さな可愛いバー。「APPLE & GINGER」の店名の通り「ほぼりんごと生姜だけ」のお店だ。

 

私が選んだのは「APPLE GINGER」の冷たいジュース。ホットジュースにもできるそうだ。

注文すると、お兄さんがカウンターの中でジュースを絞ってくれる。低速ジューサーを使っているので、摩擦熱でビタミン類が破壊される心配がない。しかも取り除いてあるのは芯の部分だけ。皮ごと絞っているので、りんごのエッセンスが詰まったジュースだ。

使っているりんごは、青森の指定の農家から送られてくる無農薬のもの。生姜は高知県土佐市産の「土佐黄金虚空藏Ⅱ」というもの。なんだかすごい名前ですね。。

この生姜には、ジンゲロールという成分が一般的な生姜の2倍入っているそうだ。。

りんごはジュース1杯に、丸ごと1個使っているそう。生姜はあらかじめ絞ってあるものを大さじ1杯弱くらい。

 

冷え性にぴったりの健康ジュース

りんごと生姜だけのジュースだから、その時によって味が変わると思うけれど、今日いただいたジュースはわりとあっさりした味わいだった。すっきりした甘さがとてもいい。生姜はもちろんピリッと辛みがあって、りんごと最高のコンビネーション!

飲み終わる頃には体がホカっと温まっていた。日常的に飲んだらとても体にいいような気がする。りんごジュースが少しお得になる「回数券」もあるようだった。近所の方にはいいですね。

 

りんごの効果

「1日1個のりんごは医者を遠ざける」と言われるように、りんごには体にいい成分が色々入っている。

まず有名なのはペクチン。ジャムにとろみをつけるのに使われるペクチンは水溶性の食物繊維。

整腸作用があるだけでなく、悪玉コレステロールの値を下げる効果があるそう。

それから赤いりんごの皮には、ポリフェノールがたくさん含まれている。ポリフェノールには高い抗酸化作用があるから、りんごをまるごと使ったジュースを飲めば、身体の「サビ」を予防してくれる。

 

フードメニュー

「APPLE & GINGER」にはフードメニューもある。動物性食品を使わないヴィーガンカレー(もちろんりんごと生姜を使ってある)とタコライス(こちらにもりんごと生姜)。それから焼き菓子もあるようだったが、残念ながら今日はショーケースがほとんど空っぽだった。

普段はアップルパイなどがあるのだそう。

アップルジュースでリフレッシュして、さらに散歩する。

 

面白い本屋さんと出会う

途中、面白い本屋さんを見つけた。

本だけでなく、ステイショナリーやアクセサリー、食器なども少しずつ置いてあって、セレクトショップみたいで楽しい。

こちらは短篇小説のなかでもとても短いものが1つだけ入った可愛い本。

わずか10ページの短篇が一枚のじゃばらに折られた紙に収まっている。

若い人に小説に親しんで欲しいと作られたのだそう。

本屋さんを出ると、ほどなく東急本店の前に出る。やっぱり今日も表の渋谷は人でいっぱいだなあ。

 

「APPLE & GINGER」

http://appleandginger.jp

 

コメント